中性脂肪を抑えるにはどのような食事をすればよいか

メタボの原因とも言える中性脂肪、体内に蓄積されています。

 

人間は毎日食事をするので、食事から変えていきたいのも事実です。

 

本日は3つの中性脂肪の摂取を減らしてメタボを防ぐ方法をご紹介します。

 

どれも大切で、簡単に誰でも行えるものなので気軽に実行してみてください。

 

まず一つ目は、中性脂肪が多い食品を知り、避けることが重要です。

 

カカオ油脂や、牛肉、ショートニングは中性脂肪が多いことで知られています。

 

また、GI値(グリセミック・インデックス)が高い食品も、糖分を誘発し、中性脂肪を蓄えさせます。

 

ラーメンやパン、ご飯などがこれに当たります。

 

意外かと思われますが、果物全般は中性脂肪を誘発させるのです。

 

美容や健康に良いと思われがちですが、注意が必要です。

 

さて、様々なものに中性脂肪が含まれていたり、誘発させることが分かりました。

 

そこで2つ目の情報が重要になります。

 

それはゆっくり噛んで食べる方法です。

 

一気に血糖値を上げないことで、中性脂肪が誘発されず、体内に溜まりません。

 

一口30回噛むなど目安を決めて、とにかくゆっくりと食べることを意識しましょう。

 

一つのものを重点的に食べるより、ちょっとずつ味わうように食べると自然とゆっくりと食べられるようになります。

 

そして最後の三つ目は、中性脂肪を下げる食べ物を紹介します。

 

EPAと呼ばれる物質は中性脂肪の摂取を抑制します。

 

ご存知、サバやイワシ、マグロなどに多く含まれているものです。

 

魚食を積極的に行いましょう。

 

中性脂肪とメタボに気をつけるには、まず食事から初めてみると良いかも知れません。

 

中性脂肪を減らすには

 

中性脂肪が多いのは、メタボリックシンドロームや糖尿病などの病気の原因になりますので良くありませんが、ものすごく少ないのも問題があります。

 

生活するためにはエネルギーが必要です。

 

中性脂肪がエネルギーとなりますのであること自体が悪いわけではないです。でも、多過ぎる人は減らさないといけません。

 

そこでどうしたらいいのか、生活習慣の改善をしないといけないのは言うまでもありませんが、これが簡単にはできなくて失敗する人も多いです。

 

運動と食事制限が一番良い方法です。

 

有酸素運動を適度に生活の中に取り入れて、食事では炭水化物を摂取するのを控えるというのが良いとされています。

 

運動はなかなかする時間が無い人もいると思いますので、そのような人はいつもよりひと駅多く歩くなどすれば良いでしょう。

 

野菜をたくさん食べるようにするのも良いです。

 

野菜を食べることで食事の量を減らすことができますし、食物繊維がしっかりと摂取できていると体内の余分なものを体外へ排泄させやすくなります。

 

早く中性脂肪を減らそうと思って食事を食べないという方法を選ぶ人もいますが、これは逆効果です。

 

余計に脂肪を溜めやすくなってしまいますのでやめましょう。

 

極端な方法ではなく長く継続できる方法が一番です。

 

そのためにサプリメントを飲んでみるのも良いです。

 

DHAやEPAを含んでいるサプリメントを飲むようにしましょう。

 

他にも脂肪を吸収しにくくするお茶や血糖値をコントロールしてくれるお茶なども役に立ちます。

 

関連サイト↓
タウリンサプリメントのおすすめ人気ランキング!売れ筋はこちら!